オオカワ チヒロ   Okawa Chihiro
  大川 千寿
   所属   神奈川大学  法学部 法律学科/自治行政学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/04
形態種別 その他論文
標題 「民主党の研究―前原代表は何をすべきか」
執筆形態 共著
掲載誌名 『世界』(岩波書店)
巻・号・頁 (751),92-102頁
著者・共著者 蒲島郁夫、大川千寿
概要 全部を共同で執筆。前原誠司民主党代表(当時)は、安保・外交政策では保守的で、社会経済政策面では改革型の政策スタンスをとっていた。これは、小泉政権の政策的志向と親和的で、党内政治家の平均や中道を志向する有権者と乖離していた。そこで小泉自民党に対する民主党の伸長のためには社会経済面で差別化を図る必要があると主張した。