サハシ リョウ   Sahashi Ryo
  佐橋 亮
   所属   神奈川大学  法学部 法律学科/自治行政学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/12
形態種別 著書
標題 共存の模索 アメリカと「二つの中国」の冷戦史
執筆形態 単著
出版社・発行元 勁草書房
概要 本書は冷戦華やかなりし頃の1948年から,米中接近そして国交正常化に至る78年までの激動の30年を一貫した枠組みで説明している。枠組みを詳述することは避けるが、アメリカが70年代の米中接近の遙か前から台湾海峡危機や核開発,ベトナム戦争に際して中国との不要な衝突を避け,中ソ対立に目配せし,政策転換を公に訴えるなどリスクを避ける賢明な道を探ろうとしていたこと、それがタイトルの「共存の模索」である。結果として同盟国であるはずの台湾・中華民国政府は軍事行動や財政に干渉され,行動を抑制されていたことも描かれている。本書の意義は枠組みの設定により、アメリカのアジア政策、中国と台湾に対する政策を一貫した枠組みで論じきったこと、それを公文書に加え、遺族から特別な許可を得て使用している資料を含め、豊富な一次資料と膨大な二次資料によって明らかにしたことにある。本書は,今まさに注目が集まっている米中関係、台湾問題の基本構造の解明にむけた基礎研究として位置づけられる。
ISBN 4326302461
AmazonURL http://www.amazon.co.jp/共存の模索-アメリカと「二つの中国」の冷戦史-佐橋-亮/dp/4326302461/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1448178418&sr=8-1&keywords=佐橋亮