チョウ ゼンシュン   Zhang Shanjun
  張 善俊
   所属   神奈川大学  理学部 情報科学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/06
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 計算機断層血管造影対Sturge-Weber総合症的診断価値
(Diagnostic Value of Computerized Tomography Angiography on Sturge-Weber Syndrome in Children)
執筆形態 共著
掲載誌名 実用児科臨床雑誌
巻・号・頁 24(12),938-939頁
著者・共著者 劉暁鳴、李瑞、とう星強、張善俊
概要 児童のSturge-Weber 総合症について計算機断層血管像の抽出を応用し、(CTA) と(MRA)の結果は臨床診断の実用性について検討した。本院は2006 年1 月- 2008 年6 月に診察に来た6 例Sのturge-
Weber 総合症の児童患者の臨床資料と血管構築結果と合わせて、容積重建(VR)、多平面重建(MPR)、最大密度投影(MIP) 等の方法で血管を表示し、その結果より6 例の患者は全員は脳皮層からある程度の脳回様あるいは帯状強化が確認され、5例は大脳萎縮、3例は側頭蓋骨板増厚、2例は頭骸骨不対称などの症状を確認。VR,MPR,MIP処理後、病変の位置、形態および血管周囲の関係が見やすくなった。画像診断と臨床診断から、CTAとMRAは児童のSturge-Weher総合症の診断に有益であり、なお,無侵襲、安全、清晰、准&30830; 性高等の特徴がある。