カナザワ ケンイチ   Kanazawa Kenichi
  金沢 謙一
   所属   神奈川大学  理学部 生物科学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2006/02
形態種別 その他
標題 日本海におけるブンブクウニの棘の奇妙な産状
執筆形態 共著
掲載誌名 日本古生物学会第155回例会 於京都大学
著者・共著者 伴野卓磨、神谷隆宏、小沢広和、金沢謙一、大路樹生、塚脇真二
概要 口頭発表。日本海の様々な地点から採集した底質サンプルに含まれるブンブクウニの棘を解析した結果、破片化した棘の先端、中間部、基部のそれぞれが含まれる割合が水深ごとに異なることを見出した。先端が優占するのは隠岐で水深180m、能登沖で150m、津軽沖で110m以深で、これは8月の平均水温10℃以下の海域に符合する。