カナザワ ケンイチ   Kanazawa Kenichi
  金沢 謙一
   所属   神奈川大学  理学部 生物科学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/01
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 Relationship between the preservation of spatangoid spines and water temperature
執筆形態 共著
掲載誌名 Echinoderms: Durham (A.A.Balkema, Rotterdam)
巻・号・頁 123-129頁
著者・共著者 Takuma Bannno, Takahiro Kamiya, Ken'ichi Kanazawa
概要 ウニ類の棘化石は体化石に比べて圧倒的に多く見つかる。棘化石の保存状態を化石化過程から解析することで、当時、その棘を持つウニ類が生息した海域の水温を推定可能であることを示した。(査読有)