(最終更新日:2017-08-09 13:02:18)
  ムラタ ミホ   Murata Miho
  村田 美帆
   所属   神奈川大学  工学部 数学教室
   職種   助教
■ 学会発表
1. 2015/09/27 圧縮性粘性流体と剛体の連成問題に対する数学解析(日本流体力学会 年会2015)
2. 2015/03/24 圧縮性粘性流体と剛体の連成問題に対する時間局所解の一意存在性(日本数学会2015年度年会)
3. 2014/09/27 圧縮性粘性流体に対する時間大域解の一意存在性(日本数学会2014年度秋季総合分科会)
4. 2014/03/18 圧縮性粘性流体に対する時間局所解の一意存在性(日本数学会2014年度年会)
5. 2013/09/27 圧縮性粘性流体に対するStokes作用素のR-有界性とその応用(日本数学会2013年度秋季総合分科会)
全件表示(6件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  On the global well-posedness for the compressible Navier-Stokes equations with slip boudary condition (共著) 2016/01
2. 論文  The Lp-approach to the fluid-rigid body interaction problem for compressible fluids (共著) 2015/03
3. 論文  Lp-Lq maximal regularity and its application (共著) 2014/07
4. 論文  On a maximal Lp-Lq approach to the compressible viscous fluid flow with slip boundary condition (単著) 2014/04
■ 所属学会
1. 2012/09~ 日本数学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  血流の解析を目標とした圧縮性流体方程式の適切性 科学研究費 
2. 2016/11~2017/11  圧縮性粘性流体方程式を用いた血流の数学解析 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 講師・講演
1. 2017/06 Navier-Stokes-Korteweg system に対する時間大域解の一意存在性について(東京)
2. 2017/01 The global well-posedness for the compressible fluid model of Korteweg type(Poland)
3. 2017/01 Navier-Stokes-Korteweg system in R^N(名古屋)
4. 2016/09 The $L_p$-$L_q$ approach to the Navier-Stokes-Korteweg equations
5. 2016/09 The compressible Navier-Stokes-Korteweg system in $\BR^N$(ポーランド)
全件表示(26件)
■ 委員会・協会等
1. 2015/05~2016/03/31 早稲田大学 理工学術院総合研究所 「アーリーバード若手研究者支援制度」
■ 現在の専門分野
キーワード:非線形偏微分方程式, 流体数学