photo
    (最終更新日:2017-03-23 14:23:41)
  テラジマ タケシ   Terajima Takeshi
  寺島 岳史
   所属   神奈川大学  工学部 機械工学科
   職種   准教授
■ 学会発表
1. 2016/11/11 Influence of Cutting Condition on Surface Roughness in Single Point Diamond Turning of Zr-Based Bulk Metallic Glass(IMECE2016)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Influence of Cutting Condition on Surface Roughness in Single Point Diamond Turning of Zr-based Bulk Metallic Glass (共著) 2016/11
2. 論文  次世代機械材料「金属ガラス」 (単著) 2014/08
3. 論文  次世代機械材料「金属ガラス」の特性と加工 (単著) 2013/10
4. 論文  Cu metallization of the Surface of Cu-Zr-based Metallic Glass (単著) 2012/08
5. 論文  Development of Cu-Clad Metallic Glass for Soldering (単著) 2011/11
全件表示(99件)
■ 職歴
1. 2010/04~2013/03 大阪大学接合科学研究所 特異構造金属・無機融合高機能材料開発共同研究プロジェクト拠点 特任助教
2. 2005/04~2010/03 大阪大学接合科学研究所 金属ガラス無機材料接合技術開発拠点 特任助教
■ 教育上の能力
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2016/10/06~2016/10/06 出張講義
2. 2014/10/28~2014/10/28 高大連携特別講義
■ 主要学科目
機械材料
■ 所属学会
1. 2014/04~ 日本機械学会
2. 2009/04~ プラズマ応用科学会
3. 2008/04~ スマートプロセス学会
4. 2011/04~ ∟ 評議員
5. 2008/04~ 日本材料学会
全件表示(10件)
■ 資格・免許
1. 2011/03 危険物取扱者乙4種取得
■ 社会における活動
1. 2013/04~ 自己紹介、研究内容のweb発信 Link
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~  金属ガラスの過冷却液体を利用した接合と継手評価 2016-2018年度科学研究費補助金 基盤研究(C) (キーワード:金属ガラス、接合、過冷却液体)
2. 2012/04~2015/03  液中アークを用いたアモルファス合金ナノ粒子の合成と触媒への応用の研究 2012-2013年度科学研究費補助金 若手研究(B) 
3. 2012/06~2013/06  「液中アークを利用したアモルファス合金ナノ粒子の作製と触媒への展開」 その他の補助金・助成金 
4. 2012/04~2014/03  金属ガラスの産業応用 個人研究 (キーワード:金属ガラス、産業応用、触媒、造形)
5. 2010/04~2011/04  「金属ガラスに対するCu薄膜溶着技術の開発とはんだ接合への応用」 その他の補助金・助成金 
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 2016/03/10~ 日本機械学会関東支部商議員 商議員
2. 2014/03/07~2016/03/07 日本機械学会メカトップ関東編集委員会 編集委員
3. 2011/09/01~2013/09/01 スマートプロセス学会 評議委員
4. 2011/04/01~2013/04/01 日本材料科学会金属ガラス部門委員会 庶務幹事
■ ホームページ
   寺島研究室
■ 受賞学術賞
1. 2012/03 高温学会論文賞
■ 現在の専門分野
非平衡材料, 接合工学, 機械材料・材料力学 (キーワード:金属ガラス、非平衡材料、微粒子、接合、加工、大気圧非平衡プラズマ) 
■ 取得特許
1. 2008/09/18 アモルファス金属・金属ガラス接合体(2008-214704)
2. 2005/01/27 固体高分子型燃料電池用電極とその製造方法(2005-26175)
3. 2005/01/06 燃料電池用プロトン伝導性膜及びその製造方法(2005-5000)
4. 2003/10/02 プラズマ成膜装置および成膜方法(2003-277939)
5. 2003/10/02 プラズマ成膜装置および成膜方法(2003-277939)
■ 科研費研究者番号
10402992
■ 提供可能な資源
金属ガラス(バルクアモルファス合金)試験片を各種形状で提供可能
■ 研究経歴
1. 2002
2005
大気圧非平衡プラズマの生成と診断、および産業応用の開拓
2. 2005
2012
金属ガラスの各種加工、接合技術開発
3. 2013
2014
非平衡材料の産業応用
■ 共同研究希望テーマ
1. 金属ガラスの産業応用の開拓(材料開発→材料加工→製品試作→性能評価までを一貫して)