(最終更新日:2016-04-20 17:12:33)
  マヤマ ヒロオ   Mayama Hiroo
  間山 広朗
   所属   神奈川大学  人間科学部 人間科学科
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 論文  「学校におけるいじめ対応の課題-生徒指導上の『正論』再考」『中央評論』第67巻1号,pp-18-19. (単著) 2015/05
2. 論文  「逸脱から教育問題へ-実証主義・当事者・社会的構成論」(白松賢・久保田真功と)『教育社会学研究』第95集,pp.207-250(「5. 社会的構成論の系譜-構築主義から相互行為論まで」(pp.219-226)担当). (共著) 2014/11
3. 論文  「学級活動の指導法について(1)―学級像と指導法」『神奈川大学 心理・教育研究論集』第35号,pp.27-39. (単著) 2014/03
4. 著書  『社会調査事典』丸善出版(「教育問題への質的アプローチ」(pp.436-437)担当). (共著) 2014/03
5. 論文  「儀式的行事と学校的社会化―学校儀礼の実証的記述をめざして」平成22-24年度科学研究費補助金基盤研究(C)報告書『学校的社会化の現状と歴史に関する研究:<児童の成立>の解明に向けて』pp.67-78. (単著) 2013/03
全件表示(17件)
■ 所属学会
1. 2001/04~ 日本教育社会学会
2. 2015/10~ ∟ 事務局会員管理部副部長
3. 2013/10~2015/09 ∟ 事務局企画部員
4. 2009/10~2011/09 ∟ 事務局企画部員
5. 2008/08~2009/09 ∟ 事務局広報部員
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2018/03  学校的社会化の現代的課題に関する総合的研究:<子ども理解>の制度化に着目して 基盤研究(B) 
2. 2010/04~2013/03  学校的社会化の現状と歴史に関する研究:<児童の成立>の解明に向けて(科研費 基盤(C)) 基盤研究(C) 
3. 2007/04~2010/03  問題行動・指導・評価をめぐる歴史・社会学的研究:子どもへの<まなざし>に着目して 基盤研究(C) 
4. 2007/04~2010/03  生徒指導研究における社会的構成論の可能性:社会学的知見の教育学上の再編へ向けて 若手研究(B) 
■ 受賞学術賞
1. 2004/09 第1回日本教育社会学会奨励賞(論文の部)受賞
■ 現在の専門分野
教育社会学 (キーワード:教育社会学、いじめ、社会的構成論、教育問題、教育実践、質的調査法) 
■ 研究経歴
1. 2016
神奈川大学人間科学部教授
2. 2010
2016
神奈川大学人間科学部准教授
3. 2008
2010
神奈川大学人間科学部助教
4. 2004
2007
立教大学文学部助手