photo
    (最終更新日:2016-11-01 09:30:53)
  キヌガサ リュウタ   Kinugasa Ryuta
  衣笠 竜太
   所属   神奈川大学  人間科学部 人間科学科
   職種   准教授
■ 著書・論文歴
1. 論文  Influence of Intramuscular Fiber Orientation on the Achilles Tendon Curvature using Three-dimensional Finite Element Modelling of Contracting Skeletal Muscle. (共著) 2016
2. 論文  How Fast Can a Human Run? − Bipedal vs. Quadrupedal Running (共著) 2016/06
3. 論文  Simultaneous Knee Extensor Muscle Action Induces An Increase In Voluntary Force Generation Of Plantar Flexor Muscles (共著) 2016
4. 論文  Age-related differences in strain rate tensor of the medial gastrocnemius muscle during passive plantarflexion and active isometric contraction using velocity encoded MR imaging: Potential index of lateral force transmission. (共著) 2015/05
5. 論文  Anatomical geometry and thickness of aponeuroses in human cadaver triceps surae muscles. (共著) 2015/01
全件表示(42件)
■ 学歴
1. 2007/01
(学位取得)
早稲田大学 博士(人間科学)
■ 職歴
1. 2013/04~ 理化学研究所 光量子工学研究領域 エクストリームフォトニクス研究グループ 画像情報処理研究チーム 客員研究員
2. 2012/04~ 札幌医科大学 保健医療学部 理学療法学科 訪問研究員
3. 2011/05~2013/03 理化学研究所 基幹研究所 先端技術基盤部門 生物情報基盤構築チーム 客員研究員
4. 2011/04~2015/03 理化学研究所 理研-東海ゴム人間共存ロボット連携センター ロボット動作研究チーム 客員研究員
5. 2011/01~2011/03 理化学研究所 計算生命科学研究センター設立準備室 階層統合シミュレーション研究協力グループ 客員研究員
全件表示(10件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2014/04/01~ データと対話を重視しながら、運動・睡眠・栄養の観点から学生の健康を増進させる授業
●作成した教科書、教材
1. 2015/04/01~ 人間科学部用の健康科学とスポーツの授業ノート
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2014/07/29 「ヒトの身体能力を科学する」と題する中高生のためのサイエンスプログラム
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~  筋膜の役割を実験とシミュレーションの両面から解明する 基盤研究C 
2. 2011/04~2013/03  高齢者の足関節底屈・背屈の動作不全のメカニズム解明 若手研究B 
3. 2008/04~2011/03  加齢に伴う筋腱複合体の形態・力学特性の変化 基盤研究C 
4. 2006/04~2007/03  筋活動の不均一性と神経線維の分布との関連性 若手研究B 
■ 講師・講演
1. 2013/07 How can the muscle be organized to accomplish tendon displacement at the calcaneus that are similar to the muscle fiber length?
2. 2010/01 ヒト筋収縮中における筋・腱ユニットの力学特性と神経・筋の活動特性のin vivo計測.(岡山理科大学@岡山市)
3. 2009/09 ヒト筋腱複合体の動態からみた身体動作の制御メカニズム.(朱鷺メッセ@新潟市)
4. 2007/04 In vivo Activation Properties of Human Calf Muscles and Their Adaptations after Bed Rest.(San Antonio, Texas, USA)
5. 2006/03 筋活動の3Dイメージング(日本女子体育大学@世田谷区)
■ ホームページ
   http://muscle.kanagawa-u.ac.jp/
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2011/07 International Society of Biomechanics, Young Investigator Award, Finalist (Top 5)
2. 2009/06 American College of Sport Medicine, Biomechanics Interest Group, Vendor's Innovation in Research Award
■ 現在の専門分野
健康・スポーツ科学, 神経・筋肉生理学 (キーワード:筋生理学) 
■ 研究経歴
1. 2007
2008
カリフォルニア大学サンディエゴ校 医学部 放射線科/博士研究員
2. 2008
2009
早稲田大学 スポーツ科学学術院/助手
3. 2008
2010
独立行政法人 理化学研究所 先端計算科学研究領域 システム計算生物学研究グループ 生体力学シミュレーション研究チーム/客員研究員
4. 2009
2011
早稲田大学 スポーツ科学学術院/助教
5. 2010
独立行政法人 理化学研究所 次世代計算科学研究開発プログラム 臓器全身スケール研究開発チーム/客員研究員
全件表示(9件)
■ 共同研究希望テーマ
1. 人工筋肉の設計と作製
2. 人間の身体動作の制御,特に関節動作の制御機構の解明
3. 変形性膝関節症患者の関節運動の実態解明
4. 筋骨格系モデルの医療・リハビリテーションへの応用
5. 骨格筋の収縮動態と生理機能の統合的解明
全件表示(6件)