photo
    (最終更新日:2017-07-28 15:41:02)
  ナカザワ ジュン   Nakazawa Jun
  中澤 順
   所属   神奈川大学  工学部 物質生命化学科
   職種   助教
■ 学会発表
1. 2017/03/17 Catalytic Reactivity of Tris(oxazolinylmethyl)amine Nickel Complexes for Alkane Oxidation Reaction with mCPBA Oxidant(The 97th CSJ Annual Meeting)
2. 2017/03/17 Oxidation of Hydroquinone with Molecular Oxygen by Dinuclear Zinc Complex(The 97th CSJ Annual Meeting)
3. 2017/03/17 Synthesis and Characterization of Manganese Catecholato complexes with Various Substituents(The 97th CSJ Annual Meeting)
4. 2016/11/12 ビスオキサゾリンを配位子とする固定化錯体触媒の開発(第49回酸化反応討論会)
5. 2016/11/12 単核コバルト錯体の酸素分子活性化能とアルカン酸素酸化触媒活性(第49回酸化反応討論会)
全件表示(53件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Immobilization of a Boron Center-Functionalized Scorpionate Ligand on Mesoporous Silica Supports for Heterogeneous Tp-Based Catalysts (共著) 2017/03
2. 論文  A pseudotetrahedral nickel(II) complex with a tridentate oxazoline-based scorpionate ligand: chlorido[tris(4,4-dimethyloxazolin-2-yl)phenylborato]nickel(II) (共著) 2016/10
3. 論文  Synthesis, Characterization and Aerobic Alcohol Oxidation Catalysis of Palladium(II) Complexes with a Bis(imidazolyl)borate Ligand (共著) 2016/04
4. 論文  Characterization of Mononuclear Non-Heme Iron(III)-Superoxo Complex with a Five-Azole Ligand Set (共著) 2015/05
5. 論文  Mimicking the Active Sites of Non-heme Iron Oxygenases on the Solid Supports of Catalysts: Formation of Immobilized Iron Complexes with Imidazolyl and Carboxylate Ligands (共著) 2015/02
全件表示(24件)
■ 学歴
1. 2004/04~2007/03 九州大学大学院 理学府 分子科学専攻 博士課程修了 博士(理学)
2. 2002/04~2004/03 同志社大学大学院 工学研究科 工業化学専攻 修士課程修了 工学修士
3. 1998/04~2002/03 同志社大学 工学部 機能分子工学科 卒業 工学士
■ 職歴
1. 2008/04~2009/02 スタンフォード大学 化学科 博士研究員
2. 2006/04~2008/03 日本学術振興会 特別研究員
3. 2004/08~2005/03 九州大学 先導物質化学研究所 リサーチアシスタント
■ 所属学会
1. 2009/05~ 触媒学会
2. 2010/04~ 錯体化学会
3. 2007/09~ アメリカ化学会
4. 2001/09~ 日本化学会
■ 資格・免許
1. 2016/09/30 危険物取扱者免許 甲種
2. 2004/03 教員免許状(中学校高等学校理科専修)取得
3. 2002/03 教員免許状(中学校高等学校理科1種)取得
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2019/03  アルカンの選択酸化が可能なニッケル錯体触媒の創製 学術研究助成基金助成金 若手B 
2. 2012/04~2013/03  クリック連結配位子を有する固定化錯体触媒の開発 国内共同研究 (キーワード:物質・デバイス領域共同研究拠点によるネットワーク型共同研究事業(文部科学省) 平成24年度共同研究課題)
3. 2009/04~  固定化錯体触媒の開発 個人研究 
4. 2009/04~  酸素酸化を目指したニッケル錯体触媒の開発 個人研究 
5. 2007/04~2009/03  クリック反応を利用したメソポーラスシリカの表面修飾 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(6件)
■ 講師・講演
1. 2003/03 四つのエチレンジアミン部位を持つ鎖状配位子の合成とその四核銅錯体の構造と反応性(中澤 順)・川田 倫久・小寺 政人・加納 航治日本化学会第83春季年会 口頭発表4F2-35(早稲田大学)
2. 2002/09 新規長鎖配位子を用いた四核銅(II)錯体の合成とそのフェノール類酸素酸化反応触媒活性(中澤 順)・川田 倫久・小寺 政人・加納 航治第52回錯体化学討論会 ポスター発表2PA46(東京大学)
3. 2014/08 生物無機の視点から錯体触媒を開発する (中澤 順) 第27回生物無機化学夏季セミナー(姫路市書写山円教寺会館)
4. 2014/07 "Alkane Oxidation by Immobilized Metal Complex Catalysts: Effect of Surface Density of Ligands",Jun Nakazawa, Shiro Hikichi, 41st International Conference on Coordination Chemistry, 2014 July 20-25 poster presentaion P210(シンガポール)
5. 2014/03 N5ドナーセットからなる単核コバルト錯体の酸素親和性の制御 西浦 利紀・千葉 洋輔・(中澤 順)・引地 史郎 日本化学会 第94春季年会 口頭発表2F2-15(名古屋大学東山キャンパス)
全件表示(102件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
無機化学, 生体関連化学, 触媒・資源化学プロセス, 合成化学 (キーワード:錯体化学、触媒化学) 
■ 研究経歴
1. 2001
2004
多座窒素系配位子を持つ銅錯体によるフェノール類酸素酸化反応
Aerobic oxidation of phenols by copper complexes having multi-dentate Nitrogen ligands
2. 2004
2007
カプセル状分子による小炭化水素分子の包接
Encapsulation of small hydrocarbon molecules in capsule shaped molecules
3. 2007
2009
クリック反応を利用したメソポーラスシリカの表面修飾
Surface functionalization of mesoporous silicas using click reaction
4. 2009
固定化錯体触媒の開発
Development of immobilized metal complex catalysts
5. 2009
酸素酸化を目指したニッケル錯体触媒の開発
Development of nickel complex catalysts for aerobic oxidations