(最終更新日:2016-11-11 20:22:43)
  マツダ カズユキ   Matsuda Kazuyuki
  松田 和之
   所属   神奈川大学  工学部 物理学教室
   職種   教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~  NMRと計算機実験によるカーボンナノ空間における高圧下での水の構造と相転移の研究(科研費、代表者) 基盤研究(C) 
2. 2012/04~2014/03  カーボンナノチューブ内部ナノ空洞を利用した水分子配向制御(神奈川大学 工学研究所 共同研究費、代表者) 機関内共同研究 
3. 2011/09~2012/10  カーボンナノチューブ及びゼオライト鋳型カーボン内部のナノ空洞での水の挙動に関する研究(公益財団法人クリタ水・環境科学振興財団助成、代表者) 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2011/04~2014/03  直径制御された金属型半導体型カーボンナノチューブの核磁気共鳴による電子状態の研究(科研費、代表者) 基盤研究(C) 
5. 2009/04~2011/03  核磁気共鳴と誘電率測定によるカーボンナノチューブ内に吸蔵した水の構造と挙動の研究(科研費、代表者) 若手研究(B) 
全件表示(16件)
■ 受賞学術賞
1. 2014/10 JPSJ注目論文賞(論文名:Haldane State Formed by Oxygen Molecules Encapsulated in Carbon Nanotubes)
2. 2013/10 神奈川大学学術褒賞(研究課題:高純度金属型半導体型カーボンナノチューブの核磁気共鳴による研究)
3. 2009/03 日本物理学会第14回論文賞(論文名:Phase transition in confined water inside carbon nanotubes)
■ 現在の専門分野
キーワード:物性物理学実験、核磁気共鳴実験 
■ 取得特許
1. 2011/11/18 ガス透過性の制御方法、及びガス透過性の制御装置(特許4863444)
2. 2010/05/28 ガスハイドレート生成用煤、煤、煤の製造方法、ガスハイドレート生成用煤の使用方法、煤の使用方法、ガスセンサ、圧力センサ、及び分子ふるい(特許4518966)
3. 2007/09/20 ガス凝縮体の生成保持方法、ガス凝縮体の生成保持用煤、及びガス凝縮体の生成保持用煤の製造方法(特開2007-237070)
4. 2006/08/03 ガスハイドレート生成用炭素片、炭素片、炭素片の製造方法、ガスハイドレート生成用炭素片の使用方法、炭素片の使用方法、ガスセンサ、圧力センサ、及び分子ふるい(特開2006-201050)