(最終更新日:2017-11-09 11:43:34)
  ニシモト ユウコ   Nishimoto Yuko
  西本 右子
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2017/11/06 バイオマス炭化物のVOC吸脱着特性に対する表面処理の影響(第53回熱測定討論会)
2. 2017/11/03 Analysis of Water State and Gelation of Methylcelluloce Thermo-Reversible Hydrogels by Thermal Analysis(8th International and 10th Japan-China Joint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis)
3. 2017/11/03 Education of Thermal Analysis; Activity of the Wooking Group on Standarization in JSCTA(8th International and 10th Japan-China JOint Symposium on Calorimetry and Thermal Analysis)
4. 2017/11/03 VOC Desorption Analysis from Wood-Based Chracoal by Skimmer-Type Interface TG-DTA-PIMS(8th International and 10th Japan-China Joint Sympojium on Calorimetry and Thermal Analysys)
5. 2017/10/13 セルロイドの耐光性に関する基礎研究(第22回高分子分析討論会)
全件表示(70件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  熱分析 第4版  2017/02
2. 著書  エキスパート応用化学テキストシリーズ 機器分析  2015/09
3. 著書  高分子材料・製品の長寿命化・安定化技術  2015/09
4. 著書  これだけ!分析化学 (単著) 2015/02
5. 著書  最新材料の性能・評価技術  2014/05
全件表示(796件)
■ 所属学会
1. 1987/04~ 日本熱測定学会
2. 1992/10~1994/09 ∟ 委員
3. 2000/10~2002/09 ∟ 庶務幹事
4. 2003/10~2005/09 ∟ 委員
5. 2007/10~2009/09 ∟ 委員
全件表示(29件)
■ 資格・免許
1. 1984/04 教員免許状 高等学校教諭一級 理科(昭58高一普第107号)取得
2. 1982/03 教員免許状 高等学校教諭二級 理科(昭56高二普第618号)取得
3. 1982/03 教員免許状 中学校教諭一級 理科(昭56中普第593号)取得
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   機能を有する水に関する基礎研究 個人研究 (キーワード:分析,機能水)
2.   室内空気汚染対策のための基礎研究 国内共同研究 (キーワード:分析,揮発性有機化合物,室内空気)
3.   文化財試料の分析 国内共同研究 (キーワード:分析,古銭,分析法)
4. 2006/06~2007/05  熱応答ゲルの物性とゲル化メカニズムの研究 企業からの受託研究 
5. 2006/04~2009/03  新規熱分析法の応用に関する研究 国内共同研究 
全件表示(9件)
■ 講師・講演
1. 2017/09 熱分析を使う公定法(千葉)
2. 2017/06 TMAの測定原理と解析法、TMAの校正と応用例(東京)
3. 2017/06 環境分析(横浜)
4. 2017/03 捨てられるはずのモノを、環境に役立てる~天然に学ぶ,天然の特性を活かす,とことん使う~(平塚市)
5. 2016/09 これであなたも専門家-熱分析編-熱分析を使う公定法(千葉)
全件表示(19件)
■ 委員会・協会等
1. 2016/04~2017/03 JIS K 6230 ゴム-赤外分析法による同定方法 原案作成委員会 委員(委員長)
2. 2016/04~2017/03 JIS T 8205 硫化水素計 改正原案作成員会 委員(委員長)
3. 2015/12/25~2018 神奈川県公害審査委員 委員
4. 2015/12~2016 JIS原案作成員会 分析化学用語(熱分析部門) 委員(委員長)
5. 2015/08/01~2016/07/31 JIS K 6239-1,2原案作成委員会 委員(委員長)
全件表示(91件)
■ 受賞学術賞
1. 2004/01 日本分析化学会関東支部 2003年度新世紀賞受賞『生体と環境に適応した機能水の評価法の確立』
■ 現在の専門分野
分析化学, 環境化学