(最終更新日:2015-07-27 15:22:58)
  キノシタ ヨシキ   Kinoshita Yoshiki
  木下 佳樹
   所属   神奈川大学  理学部 情報科学科
   職種   教授
■ 著書・論文歴
1. 論文  Category theoretic structure of setoids (共著) 2014/08
2. その他 Argument for Agreement and Assurance (AAA) (共著) 2014/04
3. 著書  Assurance Case as a Proof in a Theory: towards Formulation of Rebuttals, in "Assuring the Safety of Systems, Proceedings of the Twenty-first Safety-Critical Systems Symposium, Bristol, UK, 5-7th February 2013" (共著) 2013/03
4. 著書  A simple type-theoretic language: Mini-TT (共著) 2009/09
5. 論文  帰納と再帰ー表示的意味論の第一歩 (単著) 2012/01
全件表示(41件)
■ 学歴
1. 1983/04~1984/03 東京大学 理学部 情報科学科研究生
2. 1976/04~1981/03 東京大学 教養学部 理科一類 卒業 理学士
■ 所属学会
1. 2002/04~ 情報処理学会
2. 1987/10~ 日本ソフトウェア科学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/06~2016/02  オープンシステム・ディペンダビリティのための 形式アシュランスケース・フレームワーク 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:アシュランスケース、形式アシュランスケース、ディペンダビリティ、オープンシステム・ディペンダビリティ)
2. 2012/04~2014/03  議論の枠組みに関する基礎理論および応用に関する研究 国内共同研究 
3. 2008/10~2014/03  利用者指向ディペンダビリティの研究 競争的資金等の外部資金による研究 (キーワード:ディペンダビリティ、規格、オープンシステム)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2012/05 国際規格開発賞
■ 現在の専門分野
ソフトウェア科学, プログラム意味論 (キーワード:プログラム意味論(算譜意味論)、プログラミング科学、算譜検証論) 
■ 取得特許
1. 2014/12/12 整合性検査装置、整合性検査方法、及びプログラム(特許第5660503号)
■ 研究経歴
1. 1996
2005
文部科学省 中核的研究拠点(COE)育成:大域情報処理技術
2. 2002
2008
検証における記述量爆発問題の構造変換による解決、科学技術振興機構CREST制度、「 情報社会を支える新しい高性能情報処理技術」研究領域
Solving the Description Explosion Problem in System Verification through Structural Transformation, conducted as a project of JST CREST, New High-Performance Information Processing Technology Supporting Information-Oriented Society - Aiming at the Creation of New High-Speed, Large-Capacity Computing Technology Based on Quantum Effects, Molecular Functions, Parallel Processing" research domain"
3. 2008
2014
利用者指向ディペンダビリティの研究(科学技術振興機構CREST制度「実用化をめざした組込みシステム用ディペンダブル・オペレーティングシステム」研究領域)
Study on user-oriented dependability, conducted as a project in JST CREST, Dependable Engineering for Open Systems research domain.
4. 2012
2014
議論の発展過程の数理科学的研究、国立情報科学研究所一般共同研究
Mathematical study on evolution processes of argument, Collaborative research project of NII
5. 2014
2016
オープンシステム・ディペンダビリティのための 形式アシュランスケース・フレームワーク