(最終更新日:2017-08-24 21:09:52)
  オオバ エリ   Ohba Eri
  大庭 絵里
   所属   神奈川大学  経営学部 国際経営学科(一般教育)
   職種   教授
■ 学会発表
1. 2012/10/27 「可視化」報道と社会の透明化(日本マスコミュニケーション学会2012年度秋期研究発表会 ワークショップ1)
2. 2009/11/22 ドメスティック・バイオレンスの問題化にともなう困難(国際共同シンポジウム「市民社会におけるガバナンス」)
3. 2009/10/18 メディア言説から「犯罪者」観を考える(日本犯罪社会学会第36回大会シンポジウム「今日の犯罪者観を考える」)
4. 2007/10/20 「安全・安心」言説と「不安」という現実(日本犯罪社会学会第34回大会ミニシンポジウムB「地域社会の安全・安心と犯罪社会学研究」)
5. 2001/11 Social Construction of Fear of Crime and Ostracism against a Religious Sect(アメリカ犯罪学会 53回大会)
全件表示(15件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  大学生のための異文化・国際理解--差異と多様性への誘い (共著) 2017/01
2. 著書  新入生のためのリーガルトピック50 (共著) 2016/03
3. 著書  みらいに架ける社会学-情報・メディアを学ぶ人のために (共著) 2006/02
4. 著書  よくわかる犯罪社会学入門 (共著) 2004/11
5. 著書  検証「拉致帰国者」マスコミ報道 (共著) 2003/01
全件表示(79件)
■ 学歴
1. 1986/04~1991/03 上智大学大学院 文学研究科 社会学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 1984/04~1986/03 上智大学大学院 文学研究科 社会学専攻 修士課程修了 文学修士
3. 1980/08~1981/07 University of Missouri-Columbia 留学
4. 1978/04~1983/03 上智大学 外国語学部 英語学科 卒業 文学士
■ 職歴
1. 2009/04~ 上智大学 総合人間科学部 非常勤講師
2. 2008/10~2009/03 東京大学 兼任(非常勤)講師
3. 2006/04~2007/03 東洋大学 兼任(非常勤)講師
4. 2005/04~2009/03 上智大学 総合人間科学部 兼任(非常勤)講師
5. 2003/04~2004/03 武蔵大学 社会学部 兼任(非常勤)講師
全件表示(12件)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 1994/04/01~ 演習
2. 1994/04/01~ 国際教育
●作成した教科書、教材
1. 2014/04/16~ Dot Campus 使用
■ 主要学科目
社 会 学
■ 所属学会
1. 2012/07~2013/06 イギリス社会学会
2. 1999/03~2001/02 社会問題学会(米国)
3. 1999/03~2004/12 アメリカ犯罪学会
4. 1991/04~2000/03 日本刑法学会
5. 1988/06~ 関東社会学会
全件表示(25件)
■ researchmap研究者コード
1000316415
■ 社会における活動
1. 2009/06 民事裁判(DV被害者による加害者への損害賠償請求)において、DVによる被害者化と加害男性の責任について意見書を作成、弁護士を通じて京都地裁に提出した。
2. 1992/11~ 専修大学国際交流プログラム協力(米国ネブラスカ州立大学、ウィスコンシン州立大学から専修大学への交換留学生に対する特別プログラムを担当し、英語による講義、討論及び論文審査を行った
3. 1992/11~ 専修大学国際交流プログラム協力(米国ネブラスカ州立大学、ウィスコンシン州立大学から専修大学への交換留学生に対する特別プログラムを担当し、英語による講義、討論及び論文審査を行った)(現在に至る)
4. 1992/04~ 日本犯罪社会学会主催「John.I.Kitsuse教授(カリフォルニア大学サンタクルス校)を囲む会」にて通訳(テーマ:ラベリング論から構築主義社会学へ)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~  受刑者の社会復帰 個人研究 
2. 2001/04~2003/03  現代の少年をめぐる日常生活世界と少年非行 基盤研究(C) 
3. 1997/04~1999/03  犯罪の可視化-ニュース言説における逸脱と統制の研究 奨励研究A (キーワード:犯罪、非行、ニュース、言説、社会的構築)
4. 1994/04~  マス・メディアにおける犯罪・少年非行 個人研究 (キーワード:マス・メディア,犯罪,少年非行)
■ 講師・講演
1. 2001/07 女性の人権と男性の人権とはなにか--日常のふとした疑問から--(三条市中央公民館)
2. 1999/06 今時の結婚観・家庭観(小平市立上宿公民館)
3. 1998/10 少年犯罪と報道(小平市上宿公民館)
4. 1998/09 男性学とは何か(新潟国際情報大学)
5. 1998/07 「男性学」とは何か(新潟国際情報大学)
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2002/02~2002/12 神奈川県二宮町男女共同参画プラン策定委員会 委員(副会長)
2. 2000/01~2001/12 日本学術振興会科学研究費委員会 専門委員
3. 1997/04~1998/03 平塚市女性プラン検討委員会 委員
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
社会学, 犯罪社会学, 逸脱・社会問題の社会学 (キーワード:逸脱、社会問題、犯罪・非行、メディア、社会的構築主義;) 
■ 科研費研究者番号
60221834
■ 共同研究希望テーマ
1. 犯罪・非行、逸脱のメディア表象と社会統制