カクヤマ トモコ   Kakuyama Tomoko
  角山 朋子
   所属   神奈川大学  国際日本学部 国際文化交流学科
    神奈川大学大学院  外国語学研究科 欧米言語文化専攻(比較言語文化)
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/10
形態種別 その他論文
査読 査読あり
標題 Acceptance of ornament in modern design: Kineticism and the Vienna Workshops in the 1920s
執筆形態 単著
掲載誌名 ‹I›Back to the Future, The Future in the Past‹/I›
掲載区分国外
出版社・発行元 ICDHS 10th +1 Barcelona 2018
巻・号・頁 89-93頁
著者・共著者 Tomoko Kakuyama
概要 近代デザインと装飾の関係をテーマとし、ウィーンの高級工芸品会社「ウィーン工房」(1903-1932)とウィーン・キネティシズム派の1920年代のテキスタイル、グラフィック作品を分析した。両者の様式的特徴が前衛芸術の表現要素をモチーフにした装飾性であることを明らかにし、いわゆる反装飾の機能主義的な「モダン・デザイン」にとどまらない近代デザインの広がりを明らかにした。