ミズカワ ヒロフミ   Mizukawa Hirofumi
  水川 敬章
   所属   神奈川大学  国際日本学部 日本文化学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/11
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 押井守『イノセンス』論―素子の暴力表象をめぐって
執筆形態 単著
掲載誌名 日本近代文学
掲載区分国内
巻・号・頁 (77),139-153頁
概要 アニメ映画、押井守監督『イノセンス』の暴力表象について分析を行った。登場人物の「草薙素子」に着目し、文学研究の観点から、物語/言語表現・映像表現の両面から検討した。更に、ジェンダー論的観点及び脱構築批評の観点も導入し、素子が国家権力を助けると存在であると同時に、性労働における搾取を推し進める企業をテロ行為において破壊する点について論じ、更にその暴力性が恋愛のレトリックに宿ることを証明した。