ミズカワ ヒロフミ   Mizukawa Hirofumi
  水川 敬章
   所属   神奈川大学  国際日本学部 日本文化学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2015/03
形態種別 その他
標題 書評 竹内瑞穂『「変態」という文化 : 近代日本の〈小さな革命〉』
執筆形態 単著
掲載誌名 愛知淑徳大学国語国文
掲載区分国内
巻・号・頁 (38),119-122頁
概要 本稿では、竹内瑞穂著『「変態」という文化 : 近代日本の〈小さな革命〉』についての書評である。本書の構成や内容を概括した上で、その方法論について評した。本書が「変態」という視座で、日本近代の文学・メディアについて分析すること、またクィアー理論、フーコーの生政治・生権力概念を視野に収めていること、超域的で先端的な研究態度であることなどに言及した。しかしながら、理論過多にならない端正な筆致であることも併せて指摘した。