ミズカワ ヒロフミ   Mizukawa Hirofumi
  水川 敬章
   所属   神奈川大学  国際日本学部 日本文化学科
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/06
形態種別 著書
標題 文学研究から現代日本の批評を考える—批評・小説・ポップカルチャーをめぐって
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 ひつじ書房
担当範囲 『リンダリンダリンダ』論—原作映画と小説化作品の幸福のために pp.150-171
著者・共著者 中村三春、山田夏樹、◎西田谷洋、河野真太郎、岩川ありさ、広瀬正浩、水川敬章、近藤周吾、倉田容子、小谷瑛輔、矢口貢大、服部徹也、大橋崇行、千田洋幸、柳瀬善治
概要 山下敦弘監督、向井康介、宮下和雅子、山下脚本の日本映画『リンダリンダリンダ』(2005)とそのノベライズ作品向井康介『リンダリンダリンダ』について、映画の小説化に関する表現上の達成について検討を行った。まず、両者の相違について、ストーリー/プロットの次元から検討を行い、それを踏まえた上で、小説化作品の「プロローグ」と「エピローグ」の表現について分析を行った。そこで、映画という視覚メディアによる表現が、小説に落とし込まれているのか論じた。