タムラ タダヒサ   Tamura Tadahisa
  田村 忠久
   所属   神奈川大学  工学部 物理学教室
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(応用物理学領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/07
形態種別 学術雑誌
標題 CALET Observations of Cosmic Ray Electrons in the Heliosphere
執筆形態 共著
掲載誌名 PROCEEDINGS OF THE 31st ICRC, LODZ 2009
巻・号・頁 http://icrc2009.uni.lodz.pl/proc/pdf/icrc0600.pdf
著者・共著者 Yoshiko Komori, Shoji Torii, Tadahisa Tamura, Kenji Yoshida Toshio Terasawa
and Kazuoki Munakata
概要 CALETは低エネルギー領域の宇宙線観測によって、宇宙線への太陽活動の影響である太陽モジュレーションを研究することができる。これによって、太陽磁気圏での電子の伝播のエネルギー依存性や、太陽モジュレーションの電荷極性依存性について研究することが可能となる。また、短期変動であるForbush-decreaseについても負電荷の電子の強度変化は正電荷の陽子等のものとは異なることが期待される。
The purpose of the CALET mission pertaining to solar physics is to get new information on the cosmic ray transport in the heliosphere. We estimate the energy dependence of the diffusion of electrons through the solar magnetic field. Further we simultaneously observe electrons and protons in the 1-10 GeV energy range and investigate the charge
sign dependence of solar modulation. We also discuss some expectations in different solar polarities, using a correlation between the cosmic-ray intensity and the neutron monitor counting rate. For short-term measurements, we expect to detect several Forbush
decreases in electron flux. In such decreases, shortterm variations of negative charges might differ from those of positive ones.