タムラ タダヒサ   Tamura Tadahisa
  田村 忠久
   所属   神奈川大学  工学部 物理学教室
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(応用物理学領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/11
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 Calorimetric Electron Telescope (CALET) to observe cosmic-ray electrons and gamma-rays on the International Space Station
執筆形態 共著
掲載誌名 Nuclear Instruments and Methods in Physics Research
巻・号・頁 A 623,428-430頁
著者・共著者 T.Tamura, S.Torii
概要 国際スペースステーションの日本実験棟「きぼう」の船外実験プラットフォームにおいて、宇宙線電子、ガンマ線、原子核を観測する計画CALETについて、その性能と期待される成果を述べた。主目的である電子については最高エネルギー領域と考えられる20 TeVまでを観測することによって、電子加速源と推定されている超新星残骸の同定が可能となる。その他に、最近話題となっている暗黒物質の探索も可能となる。ガンマ線は20 MeVから10 TeVまで、原子核については1000TeVまでを観測できる。CALETが採択されれば(注:2010年4月に採択されて開発移行した)、2013年に打ち上げられる予定である。
We have proposed to make observations of high energy cosmic rays with CALET (CALorimetric Electron Telescope) on the International Space Station. Our main objective is to observe electrons up to 20 TeV to investigate origin and propagation of electrons in the Galaxy. Acceleration in nearby supernovae can lead to contributions to the electron spectrum in energies up to tens of TeV. Balloon experiments have observed an excess at sub TeV energies, which could, according to some models, be associated with dark matter particles. CALET will be able to confirm the anomaly with high energy resolution and high statistics. Gamma-rays from 20 MeV to 10 TeV and nuclei up to 1000 TeV can be also observed by CALET. We have finished the conceptual design for CALET. The selection process for the next phase is scheduled for mid-2009. If approved, CALET will be launched in 2013 and will be placed at the Japanese Experiment Module-Exposed Facility (JEM-EF) at the International Space Station (ISS).