タムラ タダヒサ   Tamura Tadahisa
  田村 忠久
   所属   神奈川大学  工学部 物理学教室
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(応用物理学領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2010/10
形態種別 学術雑誌
標題 気球搭載型宇宙線電子観測装置bCALETの開発
執筆形態 共著
掲載誌名 平成22年度大気球シンポジウム(JAXA)
著者・共著者 小澤俊介,鳥居祥二,笠原克昌,清水雄輝,村上浩之,赤池陽水,相場俊英,植山良貴,甲斐友一朗,伊藤大二郎,近藤慧之輔,仁井田多絵, 田村忠久,日比野欣也,奥野祥二, 吉田健二, 片寄祐作, 他 bCALETチーム
概要 CALET(CALorimetric Electron Telescope)は、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」船外実験プラットホームのポート占有利用第二期計画として採用され、2010年4月に開発フェーズに移行している。段階的な技術実証試験として、気球観測bCALET(balloon-borne CALET)を計画し2006年から実施している。bCALET-1、bCALET-2に続く第3段階として,bCALET-2をベースに有効観測面積をさらに拡張したbCALET-3の開発・製作をおこなっている.bCALET-3は圧力気球による長時間観測を目指した装置であるとともに、CALETの機能・構造モデルでもある。bCALET-3の概要と開発状況について報告した。