トヨイズミ リュウジ   Toyoizumi Ryuji
  豊泉 龍児
   所属   神奈川大学  理学部 生物科学科
    神奈川大学大学院  理学研究科 理学専攻(生物科学領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/09
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 Optic chiasm in the species of order Clupeiformes, family Clupeidae: Optic chiasm of Spratelloides gracilis shows an opposite laterality to that of Etrumeus teres.
執筆形態 共著
掲載誌名 Laterality
掲載区分国外
出版社・発行元 Taylor & Francis (Milton Park, Abingdon-on-Thames, Oxfordshire United Kingdom)
巻・号・頁 14(5),495-514頁
著者・共著者 Kazue Mogi*, Kazuya Misawa, Kentaro Utsunomiya, Yuta Kawada, Toshihisa Yamazaki, Shigeo Takeuchi, and Ryuji Toyoizumi.
概要 硬骨魚類の視神経交叉は、全交叉であることが知られている。様々な系統に属する硬骨魚類の視神経交叉について、解剖学的なアプローチで、その左右非対称性に着目して調査した。その結果、硬骨魚類の視神経交叉は、我々がtype 1, type 2, type 3と名付けた3つの類型に分類されるものが大半であることが分かった。ニシン目のキビナゴとウルメイワシは、互いに相補的な視神経交叉をもち、この2種については、種固有の左右非対称性を示すことが分かった。