トヨイズミ リュウジ   Toyoizumi Ryuji
  豊泉 龍児
   所属   神奈川大学  理学部 生物科学科
    神奈川大学大学院  理学研究科 理学専攻(生物科学領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2017/08
形態種別 学術雑誌
標題 両生類の脳と行動の左右非対称性研究 =その小史と展望=
執筆形態 単著
掲載誌名 Science Journal of Kanagawa University
掲載区分国内
出版社・発行元 神奈川大学総合理学研究所
巻・号・頁 28(2),371-376頁
担当範囲 単著。
著者・共著者 豊泉龍児
概要 両生類の間脳背側に位置する一対の神経核である手綱核(habenulae)は、多くの種において、形態的に著しい左右非対称性を示す。その研究はシュペーマンの時代から創始されていたにもかかわらず、親展はゆるやかである。ゼブラフィッシュやメダカなど小型魚類の手綱核研究と比較して、両生類の脳の左右非対称性研究を展望した。また、両生類の行動の左右非対称性(側性)についても展望した。