ナガサワ ミチヤス   Nagasawa Michiyasu
  長澤 倫康
   所属   神奈川大学  理学部 数理・物理学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/12
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 Cosmological Defect and High Energy Experiments
執筆形態 単著
掲載誌名 International Journal of Modern Physics
巻・号・頁 A22(31),5785-5799頁
概要 素粒子の標準モデルに基づく宇宙論的相転移で生成される非位相的欠陥が安定化される機構が、地上の高エネルギー実験でも再現できる可能性を論じ、予言される実験結果を紹介した。具体的には、ヨーロッパCERNのハドロン加速器であるLHCにおいてQCDプラズマの状態が実現された場合、位相的には本来不安定であるパイオンストリングが大量に生成される。その崩壊によるパイオンがもたらすエネルギースペクトルの特徴を計算し詳しく調べた。