アサクラ ノブアキ   Asakura Nobuaki
  朝倉 史明
   所属   神奈川大学  工学部 生物学教室
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 RAPD markers linked to the nuclear gene from Triticum timopheevi thatconfers compatibility with Aegilops squarrosa cytoplasm on alloplasmic durum wheat.
執筆形態 共著
掲載誌名 Genome(1997)40
巻・号・頁 201-210頁
概要 Asakura,N.,Nakamura,C.et al.コムギの近縁野性種である Aegilops squarrosaの細胞質因子(核とは独立のDNAを有する細胞小器官:葉緑体およびミトコンドリア)に対して、durumコムギの核ゲノム(遺伝子)は親和性が持たないが、timopheeviコムギの核ゲノムは親和性が持つ。このtimopheeviコムギの核ゲノムの遺伝子(細胞質親和性・核遺伝子、ncc gene)を導入する事により、Ae.squarrosaの細胞質を持つdurumコムギの細胞質置換系統を確立した。また、この細胞質親和性・核遺伝子に連鎖する4つのRAPD(Random amplified polymorphic DNA)マーカーを同定し、それらのマーカーDNAがtimopheeviコムギの核ゲノムに高度に保存されている事を明らかにした。同時に、Ae.squarrosaの細胞質因子が持つDNAに特異的なRAPDマーカーも検出した。