チキュウ テツヒコ   Chikyu Tetsuhiko
  知久 哲彦
   所属   神奈川大学  理学部 数理・物理学科
    神奈川大学大学院  理学研究科 理学専攻(物理学領域)
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997/03
形態種別 その他
標題 フラストレートイジングスピン系のダメージ相の発現機構
執筆形態 共著
掲載誌名 日本物理学会年会(名城大学)
概要 (口頭発表)フラストレートしたイジングスピン系のダメージの発現機構は、TC(平衡臨界点)<T<TD(ダメージ転移点)とT<TCの領域では異なることを示した。すなわち、TC<T<TDでは残留ダメージDは、初期スピン配置に依存しないことから、自由エネルギーの空間構造に起因するものでないことが導かれ、T<TCでは自由エネルギーに起因した対称性の破れが寄与していることが計算機シミュレーションにより示された。