コマツ マサヒコ   Komatsu Masahiko
  小松 雅彦
   所属   神奈川大学  外国語学部 英語英文学科
    神奈川大学大学院  外国語学研究科 欧米言語文化専攻(英語教育・英語学)
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 What constitutes acoustic evidence of prosody? The use of LPC residual signal in perceptual language identification
執筆形態 単著
掲載誌名 LACUS Forum (Linguistic Association of Canada and the United States)
巻・号・頁 28,277-286頁
概要 「韻律の音響的証拠とは何か?言語識別の知覚研究における線形予測分析残差信号の使用」
線形予測分析(LPC)残差信号では、子音音素の識別率は低いが主要音類の識別率は高い。つまり、分節的情報が抑制されている一方で、音節構造についての情報は保持されている。従って、LPC残差信号は、韻律情報を表しており、言語識別の知覚実験に使用できる。