コマツ マサヒコ   Komatsu Masahiko
  小松 雅彦
   所属   神奈川大学  外国語学部 英語英文学科
    神奈川大学大学院  外国語学研究科 欧米言語文化専攻(英語教育・英語学)
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2001
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 Obstruent gemination in Sino-Japanese numeral-classifier compounds
執筆形態 単著
掲載誌名 Papers in Experimental and Theoretical Linguistics (University of Alberta)
巻・号・頁 6,106-117頁
概要 「漢語数詞・助数詞複合語における促音化」
漢語数詞と助数詞の複合(例、「イチ+トン→イットン」)は、語彙による特異性が大きく、一般の漢語複合語規則との関係が分かりにくい。しかし、数詞の異形態が基底で表示されていると仮定すれば、最適性理論で漢語複合語と同じ文法で記述できる。