コマツ マサヒコ   Komatsu Masahiko
  小松 雅彦
   所属   神奈川大学  外国語学部 英語英文学科
    神奈川大学大学院  外国語学研究科 欧米言語文化専攻(英語教育・英語学)
   職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2001/09
形態種別 その他
標題 漢語数詞+助数詞の促音化現象:最適性理論による分析
執筆形態 共著
掲載誌名 『第15回日本音声学会全国大会予稿集』,109-114.(第15回日本音声学会全国大会発表)
著者・共著者 小松雅彦・本間猛
概要 担当部分:抽出不可。
漢語数詞+助数詞の促音化現象(例、「イチ+トン→イットン」)は、語彙間の相違が大きい。数詞の異形態が基底で表示されていると仮定する。この分析では、制約の序列交替を使わずにすみ、一般の漢語複合語と同じ規則で記述できる。