ユン チョンイン   Yoon Jeongin
  尹 亭仁
   所属   神奈川大学  国際日本学部 国際文化交流学科
    神奈川大学大学院  外国語学研究科 欧米言語文化専攻(国際日本文化研究)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1999/06
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 日本語と韓国語の使役構文の対照研究-結果含意を中心に
執筆形態 単著
掲載誌名 東京大学言語情報科学研究会、『言語情報科学研究』4
概要 使役接辞「(サ)セル」は述語が表す事態を成立させる役割をもつのに対して、韓国語の「-ge hada」は「ge」と「hada」の結合によって作られるため、非使役述語との結合が弱く、事態を引き起こす役割にとどまる。「(サ)セル」が尊敬語動詞と共起できないのに対して、「ge hada」が共起可能なのも、また状態性述語と共起可能なのも、このためである。