ユン チョンイン   Yoon Jeongin
  尹 亭仁
   所属   神奈川大学  国際日本学部 国際文化交流学科
    神奈川大学大学院  外国語学研究科 欧米言語文化専攻(国際日本文化研究)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/03
形態種別 大学・研究所等紀要
査読 査読あり
標題 韓国語の使役動詞の用法―1類の使役動詞の用法上の特徴を中心に
執筆形態 単著
掲載誌名 『言語の個別性と普遍性』(神奈川大学言語研究センター)
巻・号・頁 (特別号),197-216頁
概要 韓国語の使役動詞は、形態上完全に異なる3つの使役接辞の付加によって作られる。語彙的使役動詞とも称される1類の使役動詞は、従来の研究では「語形成における制約」「歴史的変遷」「他動詞との違い」などの観点から取り上げられたが、本稿では新聞、小説などから採取した1類の使役動詞125語の820個の実例を対象に分析を行なった。その結果、1類の使役動詞の多くは「再帰用法」「拡張用法」による頻度に支えられていることが分かった。