タカハシ カズユキ   Takahashi Kazuyuki
  髙橋 一幸
   所属   神奈川大学  外国語学部 英語英文学科
    神奈川大学大学院  外国語学研究科 欧米言語文化専攻(英語教育・英語学)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/08
形態種別 著書
標題 Q&A 高校英語指導法事典-現場の悩み133に答える
執筆形態 編者
掲載区分国内
出版社・発行元 東京:教育出版
総ページ数 315
著者・共著者 樋口忠彦(監修)、髙橋一幸(編著者代表)、泉惠美子・加賀田哲也・久保野雅史(編著)
概要 英語授業研究学会設立30周年記念出版。2022年度より実施される高等学校新学習指導要領の理念と「主体的、対話的で深い学び」を促す高校英語授業の設計と指導について、133の現場教員の悩みや質問に答える形で以下の11の章立てで集大成した理論と実践の書で、『Q&A 中学英語指導法事典』(2015)『Q&A 小学英語指導法事典』(2017) に続くシリーズ三部作の完結編。編著者代表として、本書の企画から構成・執筆者の決定、全編の原稿の校正と内容の最終調整を担当するとともに、自らは、Q1-10, 2-9, 3-2・4・8, 5-1・2*・5, 6-1・2*・3・4*・6*, 10-2, 11-1*(*は共著)及び、あとがきを執筆した。第1章 高校英語教育の理念と動向、第2章 学習到達目標と授業過程、第3章 指導法と指導技術、第4章 コミュニケーションにつなげる音声・語彙・文法指導、第5章 4技能5領域の指導方法と留意点、第6章 本文の内容理解を深めコミュニケーションへと発展させる授業、第7章 多様な学習者の指導と学習形態、第8章 自律した学習者の育成、第9章 ICT機器の活用、第10章 評価の在り方とテスト問題の作り方、第11章 大学入試改革と高校英語授業。(全315頁)
ISBN 978-4-316-80478-1