セコザワ テルジ   Sekozawa Teruji
  瀬古沢 照治
   所属   神奈川大学  工学部 情報システム創成学科
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(情報システム創成領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/06
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 Three Proposals of Real Options to Investment Valuation for Enterprise Resource Planning Systems
執筆形態 単著
掲載誌名 WSEAS Transactions on systems
巻・号・頁 Issue 2(Volume 11),pp.50-61頁
概要 情報システム投資を正当に評価するためには、情報システムが有する環境変化への適応力を投資におけるオプションとして捉えることの必要性を論じた。ERP導入において、EDI機能のオプション評価で実原価削減と機会原価削減のミックスは避けられる事を示した。情報システム構築を梃子とした組織のスリム化を拡張オプションとして評価した。さらに、事業売却という不確実性を織り込んだシステムの価値を廃棄オプションとして算定した。情報システムを売却資産に含めて証券化を想定して評価することは現実的であり、オプション評価の有効性を示している。