スギモト タケシ   Sugimoto Takeshi
  杉本 剛
   所属   神奈川大学  工学部 情報システム創成学科
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(情報システム創成領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2008/06
形態種別 その他
標題 ペンギンに見られるイルカ跳びのエネルギー論再訪
執筆形態 単著
掲載誌名 第57回理論応用力学講演会講演論文集
巻・号・頁 389-390頁
概要 ペンギンが水上に躍り出るporpoisingにまつわる定説について、動力学の立場から検証し、次のことを示した:安定な定常遊泳を保証する、パワーの下限が存在する;滞空時間が長いほど、水平方向の速度は著しく低下する;一サイクルに要する時間は2~3秒である。しかし実際には、ペンギンはもっと長時間泳いでいて、たまにしかporpoisingしない;同一速度の固定パワー遊泳のほうが、porpoisingするよりもエネルギーを消費しない。これを数値解析と理論解析で明らかにし、結果を定理としてまとめた。