スギモト タケシ   Sugimoto Takeshi
  杉本 剛
   所属   神奈川大学  工学部 情報システム創成学科
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(情報システム創成領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/07
形態種別 その他
標題 Stability of small particles suspended at fluid interfaces
執筆形態 単著
掲載誌名 ICIAM 2011 Abstract
巻・号・頁 492頁
概要 流体の海面には粒子がぶら下がりやすい状態ができる。これは、表面張力・浮力・重力のバランスのもとに成立する。接触角・メニスカス・粒子の密度によって、つり合い状態は記述できる。粒子を球で近似して解析的にその力学を論じた。乾いた粒子のつり合いは、絶対安定である。一方、部分的に濡れた粒子のばあいには、粒子の半径がメニスカスの絶対値より大きく、濡れ具合(接触角)と粒子の密度との間にある拘束条件が成立するときのみ、そのつり合いは安定である。