スギモト タケシ   Sugimoto Takeshi
  杉本 剛
   所属   神奈川大学  工学部 情報システム創成学科
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(情報システム創成領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/03
形態種別 その他
標題 万有引力の逆二乗則――ニュートン流証明の現代的定式化
執筆形態 単著
掲載誌名 形の科学会誌
巻・号・頁 26(3),324-325頁
概要 アイザック・ニュートンは、天体の運行の軌道として円錐曲線を与え、ケプラーの第2法則(面積速度一定)の条件のもとで、一焦点に向かう力が距離の逆2乗に比例することを、プリンキピア(初版1687年刊)で明らかにした。これは、解軌道を与えてその支配法則を導く筋道――当時いわれていた順問題への解答であった。証明に用いたのは初等幾何学の範囲内の円錐曲線論であって、唯一ギリシャ数学を逸脱する部分は極限操作であった。本研究ではベクトル解析を用いた現代的定式化を試み、ありのままのプリンキピアを理解する一助を与る。