スギモト タケシ   Sugimoto Takeshi
  杉本 剛
   所属   神奈川大学  工学部 情報システム創成学科
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(情報システム創成領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012/06
形態種別 その他
標題 楕円と双曲線には主通径しかない・・・
執筆形態 単著
掲載誌名 形の科学会誌
巻・号・頁 27(1),41-42頁
概要 円錐曲線のスケーリング・パラメータである通径(latus rectum)は、2000年以上の時の流れの中で、その在り様が様々に変容し今日に至っている。現代数学の枠組みでの定義は1802年にビオが与えた。それによると、放物線には主通径と通径が定義できるが、楕円と双曲線には(主)通径が定義されるばかりである。しかしながら、18世紀までの研究者は、楕円と双曲線にも主通径および通径を認めていた。その定義の揺らぎについて考察する。