スギモト タケシ   Sugimoto Takeshi
  杉本 剛
   所属   神奈川大学  工学部 情報システム創成学科
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(情報システム創成領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2014/05
形態種別 その他
標題 プリンキピアにおける「向心力」の導入とその定義の変遷
執筆形態 単著
掲載誌名 日本科学史学会第61回年会・研究講演会
巻・号・頁 99頁
概要 ニュートンのプリンキピアの中心課題は、ケプラーの2法則(円錐曲線軌道則と面積速度一定則)から引力の逆二乗則を導くところにある。実は、純粋にケプラーの2法則だけから、引力の逆二乗則を導くことができる。しかしニュートンには、万有引力を導くために、「向心力」なる力を定義し、導入する必要があった。そうしてしまうと、万有引力の法則がケプラー順問題の「唯一の解」であるという主張は、必ずしも通用しないのだが・・・。それゆえ、解の唯一性の証明は、現代的定式化の完成を待つよりほかなかった。