スギモト タケシ   Sugimoto Takeshi
  杉本 剛
   所属   神奈川大学  工学部 情報システム創成学科
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(情報システム創成領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/08
形態種別 その他
標題 大航海時代の宇宙観形成――地図・天図づくりと天体力学の黎明
執筆形態 単著
掲載誌名 第37回数理科学講演会予稿CD
掲載区分国内
出版社・発行元 数理科学会
巻・号・頁 1-6頁
概要 大航海時代を“Asia in the Making of Europe”と表現する歴史家たちがいる。近代化の原資を(不均衡)貿易がもたらしたからである。ルネサンスを経て、叡知を取り戻した欧州人たちは、丸い地球をめぐる航海に出る勇気を得た。そして理解したことを、図として可視化する表現力を身に付けた。こうして、航海術と天文学とはともに発展していく。大航海時代は、知恵と勇気の時代である。大航海時代は、新しい地球観が後押しして始まった。大航海時代は、航海術と天文学の共進化を促進した。大航海時代は、科学発展のための航海という概念を形成した。そして、博物学の時代を迎える。