スギモト タケシ   Sugimoto Takeshi
  杉本 剛
   所属   神奈川大学  工学部 情報システム創成学科
    神奈川大学大学院  工学研究科 工学専攻(情報システム創成領域)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/11
形態種別 その他
標題 セント・ヘレナ島黎明期
執筆形態 単著
掲載誌名 第86回形の科学シンポジウム講演予稿集
掲載区分国内
出版社・発行元 形の科学会
巻・号・頁 3(2),13-14頁
概要 1502年5月21日Carreira da India (インド航路)の復路で、ジョアン・ダ・ノヴァは水と緑の豊富な無人島を発見した。この島の発見が正史に書き留められるのは16世紀半ばである。海図そのものが国家機密の時代なのだから、島の位置は秘匿されたと考えて良い。島の存在が世界の同時代人に知れ渡るようになるには、きっかけが要る。マゼランの周航記・・・1580年代のケミストリー(天正遣欧使節/海賊キャベンディッシュ/リンスホーテン)・・・などなどであった。