クルシマ ノリコ   Kurushima Noriko
  久留島 典子
   所属   神奈川大学  国際日本学部 歴史民俗学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1993/04
形態種別 著書
標題 大名領国を歩く
執筆形態 共著
掲載区分国内
出版社・発行元 吉川弘文館
総ページ数 362
担当範囲 「『人掃令』ノートー勝俣鎮夫氏の所論によせてー」30頁を単独執筆
著者・共著者 則竹雄一・浅倉直美・佐藤博信・市村高男・久留島典子・所理喜夫・久保田昌希・大久保俊昭・宮島敬一・鈴木敦子・池 享・粟野俊之・久留島浩・川島茂裕。
概要 永原慶二編の中近世移行期を中心とする論集。久留島は「『人掃令』ノートー勝俣鎮夫氏の所論によせてー」において、人掃令をめぐる勝俣説を批判するとともに、いわゆる身分法令や人掃令は、朝鮮出兵に対応した立法であることを論じた。