クワバラ ツネオ   Kuwabara Tsuneo
  桑原 恒夫
   所属   神奈川大学  理学部 情報科学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2011/06
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 中学数学の問題における図面の影響についての実験的検討
執筆形態 共著
掲載誌名 Science Jouranal of Kanagawa University
巻・号・頁 22,71-74頁
担当範囲 共著者への研究全般の指導。本論文の執筆(全部)。共著者の担当は本論文に用いた数学問題の作成、被験者実験の実施並びにデータの整理・分析、論文中の図表作成。
著者・共著者 池田博美、桑原恒夫
概要 中学校の数学の問題を対象に、図面の影響について実験的に検討した。実験は中学生5クラス173人を被験者に、作図問題を含む各クラス共通の問題とともに、内容が同じで図の提示の有無をクラス毎に変えた個別問題を4問用意して試験形式で解かせた。その結果、この個別問題では4問とも図の提示により正解率が向上した。また図の有無による正解率の違いが大きい2問の問題では、図を提示しない場合には被験者が自主的に正しい作図をした場合以外はほとんど正解できなかった。さらにその2問の問題では、別の作図問題との正解率の相関が極めて大きく、問題に依存しない作図能力の存在が示唆された。