フカザワ トオル   Fukazawa Toru
  深澤 徹
   所属   神奈川大学  国際日本学部 日本文化学科
    神奈川大学大学院  外国語学研究科 欧米言語文化専攻(国際日本文化研究)
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2020/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 「この国のかたち」を求めて―承久の乱を通して見る「天皇」の位置づけ、あるいは「大義名分論」の射程と象徴天皇制の行く末
執筆形態 単著
掲載誌名 神奈川大学人文学会『人文研究』
掲載区分国内
出版社・発行元 神奈川大学人文学会
巻・号・頁 (200),63-110頁
概要 司馬遼太郎「この国のかたち」を導きの糸として、戦前の「國體」概念の成立を、承久の乱における公家と武家との確執のうちに見てとる。朱子学にいう「正名論」から、水戸学の「大義名分論」への推移がその背後にあることを明らかにする。