ヤマグチ カズオ   Yamaguchi Kazuo
  山口 和夫
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1982/12
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 Ion Transport Ability and Selectivity Relating to the Structure of Synthetic Ionophores
執筆形態 共著
掲載誌名 Chemistry Letters
掲載区分国内
巻・号・頁 (12),1937-1940頁
概要 久保庭均、山口和夫、平尾明、中浜精一、山崎升。カルボン酸型合成イオノホアのカルボキシル基の置換位置、他末端の水酸基の存在が、金属イオンの輪送能選択性の発現に重要であることを見出した。(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)