ヤマグチ カズオ   Yamaguchi Kazuo
  山口 和夫
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2917/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 Crystal Orientation of Poly(e-caprolactone) Chains Confined in Lamellar Nanodomains: Effects of Chain-Ends Tethering to Nanodomain Interfaces
執筆形態 共著
掲載誌名 Polymer
掲載区分国外
巻・号・頁 112,116-124頁
著者・共著者 Shintaro Nakagawa, Yuki Yoneguchi, Takashi Ishizone, Shuichi Nojima, Kazuo Yamaguchi, Seiichi Nakahama
概要 PCL鎖がナノドメイン界面に両末端で結合しているT2-PCL、片末端で結合しているT1-PCL、結合していないT0-PCL(PCLホモポリマー)の結晶配向を調べた。いずれの場合にも同じラメラ状ナノドメインに束縛されている。ラメラを形成する光切断性のo-ニトロベンジル基をブロックの接合部位の片方あるいは両方に持つPS-b-PCL-b-PSトリブロックコポリマーを2種類合成し、T2-PCL, T1-PCL, T0-PCLを調製した。鎖末端の結合は、PCL結晶のc軸とナノラメラ界面(ND)の垂線との間の傾き角(φ)に大きな影響を与えた。(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)