ヤマグチ カズオ   Yamaguchi Kazuo
  山口 和夫
   所属   神奈川大学  理学部 化学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/02
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
招待論文 招待あり
標題 プリンテッドエレクトロニクスのための2-ニトロベンジル基を含む光応答性表面修飾剤の開発
執筆形態 共著
掲載誌名 日本写真学会誌
掲載区分国内
巻・号・頁 82(1),13-18頁
著者・共著者 山口和夫、猪狩拓真
概要 シランカップリング剤の末端に、感光性の2-ニトロベンジル基で保護したカルボン酸やアミンを導入した光応答性表面修飾剤を開発した。これらを用いてシリコンウェハやガラス基板の表面に光応答性自己組織化単分子膜を調製し、フォトマスクを用いた近紫外光の照射により、線幅10μmのアミンやカルボン酸のパターニングに成功した。銀ナノ粒子や蛍光試薬を用いた染色により、これらのパターン形成を確認した。さらに、新たな表面修飾剤として、感光性ホスホン酸誘導体の開発についても、あわせて報告する。(ホスホン酸部分を猪狩が担当、それ以外は山口が担当〉