カクヤマ トモコ   Kakuyama Tomoko
  角山 朋子
   所属   神奈川大学  国際日本学部 国際文化交流学科
    神奈川大学大学院  外国語学研究科 欧米言語文化専攻(比較言語文化)
   職種   准教授
発表年月日 2019/11/09
発表テーマ 第一次世界大戦期のウィーン工房製「愛国品」に関する考察
発表学会名 デザイン史学研究会第41回研究発表会
主催者 デザイン史学研究会
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
開催地名 麗澤大学東京研究センター
概要 第一次世界大戦中、オーストリア=ハンガリー二重帝国では陸軍省戦争保護局、内務省戦争支援事務局の後援により「愛国品」(Patriotika)と総称される戦意高揚のためのメダル、バッヂ、葉書、記念品が多数生産された。本研究はウィーン工房製愛国品を取り上げ、ウィーン工房の戦争協力の実態を検証する。