ミズカワ ヒロフミ   Mizukawa Hirofumi
  水川 敬章
   所属   神奈川大学  国際日本学部 日本文化学科
   職種   准教授
発表年月日 2005/07
発表テーマ 少佐は暴力の只中で可視化される―押井守監督『イノセンス』の政治的部分と表現(パネルタイトル「身体と科学技術をめぐるポリティクス――『家畜人ヤプー』と『イノセンス』から問う」)
発表学会名 Cultural Typhoon
学会区分 国際学会
発表形式 シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
単独共同区分 単独
開催地名 立命館大学
発表者・共同発表者 水川敬章 Jason Herlands 禧美智章 上野俊哉
概要 「少佐は暴力の只中で可視化される―押井守監督『イノセンス』の政治的部分と表現」と題して発表した。アニメ映画、押井守監督『イノセンス』について、登場人物の草薙素子の暴力表象を対国家的な暴力であることを、映像表現の問題とストーリーの分析から論じた。更に作品に登場するサイボーグ表象が、素子の対抗性を保証するものであることを述べ、その対抗権力性について、ネグリ・ハートの「帝国」などの概念を用いて検討した。