ミズカワ ヒロフミ   Mizukawa Hirofumi
  水川 敬章
   所属   神奈川大学  国際日本学部 日本文化学科
   職種   准教授
発表年月日 2011/12
発表テーマ Nature and Destruction on the computer
発表学会名 The symposium Traversing Cultural and Media Boundaries
主催者 名古屋大学大学院附属日本近現代文化研究センター主催
学会区分 研究会・シンポジウム等
発表形式 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)
単独共同区分 共同
開催地名 中国、上海、上海マート4A会議室
発表者・共同発表者 水野勝仁 水川敬章
概要 本発表では、エキソニモのメディアアート作品「断末魔ウス」および、クチロロの音楽作品およびそのミュージックビデオ「ヒップホップの経年変化」の分析を通じて、コンピューターアートとその他のメディアの横断性について分析した。エキソニモ作品の分析は、水野が行い、応募者は、クチロロ作品の分析を行った。水野は、GUIと身体との横断性を指摘した。応募者は、グリッチという映像表現の技法と、クチロロのメンバーであるいとうせいこうのヒップホップをめぐる言語表現の戦略性についてトランスメディア的視点から論じ、グリッチと、いとうが表現する人間のエイジングの問題に関する批評的視座が有機的に交響する作品であることを明らかにした。