オオカワ ヒロム   Okawa Hiromu
  大川 啓
   所属   神奈川大学  国際日本学部 歴史民俗学科
    神奈川大学大学院  歴史民俗資料学研究科 歴史民俗資料学専攻
   職種   准教授
発表年月日 2013/10/19
発表テーマ コメント:「いのち」「生存」「福祉」の発想と方法
発表学会名 政治経済学・経済史学会2013年度秋期学術大会 パネルディスカッション「『いのち』『生存』『福祉』の関係史―方法的提言」
主催者 政治経済学・経済史学会
学会区分 全国学会
発表形式 シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)
単独共同区分 単独
開催地名 下関市立大学
概要 「福祉」「いのち」「生存」をテーマとした研究グループ(福祉社会研究会)で企画したパネルディスカッションにてコメントを担当した。報告者は、大門正克氏、沢山美果子氏、長谷川貴彦氏。本研究グループには、報告者の三氏と応募者を含む、日本史とイギリス史の研究者13名が参加している。コメントでは、3報告の共通点や相違点を中心に論点を5点に整理した。そのうえで、各氏の研究領域と福祉政策のそれとのズレに着目して、それぞれの研究の発想と方法についての考察を提示した。